しほろちょう

士幌町

自治体の概要

士幌町

士幌町は北海道十勝総合振興局管内の河東郡に所在しています。

東大雪山系の東ヌプカウシヌプリを最高峰にした“北の大地”士幌町は、町域の西北部に山岳地帯、東部に丘陵(佐倉山系)と河岸段丘地帯(居辺川)を広げ、郷土の歴史を育んできました。
町の面積約6割は、農用地として利用されています。馬鈴薯、ビート、小麦、豆類、スイートコン、野菜を補完とする輪作作物体系をなした農業形態になっています。

また「士幌」は、アイヌ語の「シュウウォロー」が転訛して名付けられたものだと言われています。
“広大な土地”を意味した「シュウウォロー」の発音を訛って変化させ、今の町名「士幌」ができました。

観光

「しほろ牛」を堪能できる食堂がある道の駅ピア21しほろや、農村自然公園、士幌交通公園、朝陽公園ホタルの里、美濃の家・伝統農業保存伝承館、農協記念館といった観光スポットがあります。
主なイベントは、しほろ収穫祭やしほろ7000人のまつりがあります。

アクセス情報

住所

町役場
〒080-1200 北海道河東郡士幌町字士幌225番地

交通情報

とかち帯広空港出発 士幌町到着(所要時間:約70分)
飛行機
羽田空港出発 とかち帯広空港到着