いしがきやま(さんやまのかみ、あいぬのこせんじょう)

No.19

石垣山(サン山の神、アイヌの古戦場)

石垣山、サン山の神、アイヌの古戦場の写真

構成要素

サン山の神、アイヌの古戦場

石狩川の浸食によって露出した柱状節理(溶岩が冷え固まる時にできる割れ目)の巨岩、奇岩が連なる標高525メートルの「石垣山」は、ロッククライミングの名所として知られています。その昔は「サン」と呼ばれ、病魔を一喝して追い払う力を持つ、サン・コㇿ・カムイという神がいたといわれています。一方で、アイヌの古戦場になったという伝説も残り、壕の跡や縄文時代の土器や矢じりなども出土しました。近年では、幕末の探検家、松浦武四郎や間宮林蔵が訪れたという記述も残っています。

基本情報

文化財の名称
石垣山
所在地
旭川市(自治体情報へ)